オーナー様へ

賃貸経営の最重要ポイントは空室対策です

現在の管理に不満や問題がある場合、アパート・マンションの資産価値にも影響しかねません。
原状の問題点や不満点を整理した上で、改善・解決が難しいようであれば、管理会社を変更するのも選択肢の一つです。

賃貸経営の最重要ポイントは空室対策

賃貸経営の最重要ポイントは空室対策

 

東洋不動産が様々なお悩みを解決します

悩み:空室が多くて・・・

一番質問が多く、原点とも言えるご質問です。人口が減り続ける時代に賃貸経営をすること自体が難しくなっています。借り手市場の現在、入居者様の心理をしっかりと把握しなければ空室が埋まりません。

質問:色々な対策をしているつもりがなかなか決まらない。なぜだろう?

空室が続く理由は必ずあります。
募集方法、条件、競合物件、設備など様々な視点から分析を行わなければ最適な対策をすることができません。周辺環境に精通した弊社であれば的確な診断が可能です。

質問:空室対策の具体的な方法はあるの?

情報社会の今、インターネットを駆使すれば様々な方法がでてきます。色々な方法があるけれど結局何をしたらいいか分からない。物件や周辺環境によって対策は個々に違います。

 

東洋不動産の空室対策ポイント!

【情報分析】
まずは所有されている資産を確認させていただきます。(「賃料、設備状況、入居者など」)実際に弊社の営業がお伺いし原状の確認、類似する周辺環境、管理状況などを把握します。
原状の問題点を明確にすることで対応方法が決まります。

【広告宣伝】
情報化社会の現在、弊社ではインターネットの広告に注力しております。
大手ポータルサイトへのアウトソーシングはもちろん自社の集客サイトに関しても特集を組むなどし数多くのお客様に見ていただけるよう情報を発信していきます。

 

小修繕~リノベーション、リフォーム

お客様の物件を決める大きなポイントとして「物件の設備」は非常に重要です。
「立地が良いけどお風呂がちょっと… 」
「物件は綺麗だけど、収納が少ないな… 」
お部屋探しのご経験がある方は、このような物件をご覧いただいたことがあるかと思います。情報化社会の中、設備が一つ足りないだけで内見まで至らないケースは多いです。家賃や予算との相談にもなりますが、修繕を行うことによって、顕著に入居率が変わると言われています。弊社では建設部門を抱えておりますので、外注することなく安価に責任を持って修繕を行うことが可能です!

 

小修繕~リノベーション、リフォーム

 

速攻性の高い空室対策のひとつとして…【リノベーション】

最近よく聞くリノベーションという言葉ですがリフォームとの違いはなんだろうか。

「reform」
悪い状態から作り直すという改良を意味します。
賃貸の場合入居者が退去し次の募集をかける前にクロスの張替や壊れている部分の修復などマイナスの状態をゼロの状態(賃貸を行う前の状態)に戻す為の設備の回復を意味します。

「renovation」

革新、刷新、修復を意味します。
リフォームがマイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いに対して、リノベーションはプラスαで新たな機能や価値を向上させることを意味します。
例えば、耐久性や耐震性を高めるために壁の補修を行ったり、家族が増えたので、仕切りの壁をなくして、々としたリビングダイニングキッチンにしたりすることなどが「リノベーション」に該当します。

リノベーションは視覚的効果が非常に高いので、空室対策としては非常に有効的です。
外見が多少古い物件でも新築並の設備が整っていたり、人気のある間取りに変更するなどお客様のニーズに合わせ物件を作り替える事が可能です。
また、募集をしている不動産会社もお客様に対しオススメしやすいので他の物件と差別化を図ることが可能となります。リノベーションは費用が掛かるためしっかりと収益性を相談の上施工することが重要となります。

 

速攻性の高い空室対策のひとつとして

速攻性の高い空室対策のひとつとして

 

入居後のアフターフォロー、日常管理

入居者様が決まって終了ではありません。すぐに退去してしまっては空室対策の繰り返しです。継続して長くお住まいになっていただくため日常清掃や保守点検をしっかり行うことで入居率を高めます!

無理に家賃を下げることや過度なリフォームを行うことが正しい空室対策ではありません。
現状の問題を明らかにすることが一番重要なポイントです。それぞれの問題点に密着し寄り添う事で問題は必ず解決することが可能です。どんな物件でも必ず空室は発生する時はきます。各オーナー様が同じ悩みを抱えていらっしゃいます。賃貸経営にとって永遠の課題です。

どんな些細なことでも構いませんご相談ください。東洋不動産全社員が全力でサポート致します!!

ご質問、お問合せ

お名前

お名前をご入力ください。例)山田 太郎

メールアドレス

メールアドレスを半角英数字にてご入力ください。例)info@sample.com

ご住所
電話番号
ご質問やお問合せ内容

ご質問・ご相談などご自由に入力してください